4/14「お結び会〜すみれと桜にまみれる、春爛漫♡乙女の遊び〜」開催しました。

北鎌倉にある、四季を楽しめる、大切に大切に育まれてきた場所。

「たからの庭」さんにて、

お結び会 〜春爛漫!すみれとさくらにまみれる会〜

を開催しました。

いらして下さった方からの、不意の質問に、思考がショートしながらも、お話させていただいたんですね。

「なぜ、こういうことをしているのか?」

とてもシンプル!

が、、、
唐突に、シンプル且つグッと迫った質問というのは、取り繕うことは一切できず、思いのまま言葉を紡ぎ、お話しました。

しかし、何を話したのか、覚えておりません。。。

 

格好もつかず、私の中にあるものだけを純粋に紡いだ。

という自覚だけはあり、なんだか、私が私に感動をしました。

 

こういう生き方をしたかったんです。

純粋に、気高く、本気で、魂が震える感動をしながら生きたい!!

 

そう望んだ、あの日。。。

 

ここまでこれたこと。

そして、そう自覚させて下さった、参加して下さった方々。

 

ありがとうございます。

 

私が、どんな思いで、お結び会を開催しているかといいますと、、、

生きていれば、辛さや悲しみを感じることもたくさんあります。

それは、最高の喜びを感じるための序章にすぎないんです。

 

そうは頭ではわかっていても、悲しみや辛さに負けてしまいそうになることがあります。

 

とくに、大切な人となれば、それが色濃く浮き出てくるものです。

大切な人との関係って、言葉では言い表わせない気持ちがたくさんあるものです。

 

例えば、人に相談したとき。

説明しやすいことだけを打ち明けると、たいがい、やめなよ!と言われる。

でも、言葉では言い表わせない。

2人にしかわからない、共に生きているものがあるんです。

何かわかるけどわからない。
わからないけどわかる。
そういう思いがあるんです。

 

白でも黒でもない、グレーとも言いがたい、なんとも表現できないものがあるんです。

それは互いの、最高の甘えであり、絆。

 

それならば、やるしかないな。

そんな、諦めでも、希望でもない、テンションの上がり下がりでもない、覚悟みたいな感覚が、繰り返しおきているはずなんです。

 

そうして、育まれてゆきます。

 

大切なもの同士には、ついてまわるものなのかもしれません。

 

そういう思いを、感情に振り回されながらも、楽しむことができるようになるのが、日常を大切に生きるということだと思うんです。

日常を大切に生きる。

その積み重ねが、知恵となり、信頼となり、自信となり、イレギュラーな出来事に心がざわついたときも、その感情に振り回されながらも、楽しく生きていける。

自分との、そして、大切な人との絆となっていくのではないでしょうか。

 

私自身の体験から、学んできて、大切にしていることを、みんなで、楽しく共有できたら嬉しいな。。。

そんな風に思っています^_^

 

6月からは、毎月第一土曜日に、お結び会を開催いたします。

このブログを読んでくださっているあなたとも、出会えたら嬉しいです。

五感を高め、魅力を開花する「お結び会」

【食】は、大切なことがたくさん詰まっています。「健やかに生きる力」「感情を堪能する力」「想像、創造する力」「思いやりを与える力」・・・。

食は、真っ直ぐ教えてくれます。だから、私は、食にこだわります。お花や植物の力もお借りして、女性として、人としての魅力を開花させてゆきましょう♡

お結び会は自然が豊かな北鎌倉にて、第一土曜日に開催しています。 美しさで五感をときめかせる「お結び会」へのお越しを、心からお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です