菊に恋をして

重陽の節句

重陽の節句とは、9月9日に行われる年中行事のであり、菊で邪気を払う風習があったため「菊の節句」とも呼ばれる、「五節句」のひとつです。

 

菊といえば、仏壇やお墓参りに、、
と、少し地味なイメージを持たれる方も多いのですが、とても陽気な節句なんですね。

 

菊は、シャクッとした歯応えで、菊巻きにしていただくと、あまり感じたことのない感覚で、感動します。

黄色い菊より、紫の菊の方が甘いとか、、、

お出汁ととっても合うとか、、、

歯応えが面白いとか、、、

お茶にすると、おばあちゃんちのような、ホッとする味になるとか、、、

目の輝きに効くとか、、、

花びらをほかすときの、あの感覚。。。(ほかすとは、、、花びらをつまみ取るという意味)

菊のことは、知らないことばかり。。

 

引き出しの多い菊さんに、恋をしました。

11月20日水曜日

宮本まきこちゃんの中国茶会にて、あての食を担当させていただきます。

私がいま、恋をしている、菊さんたちを皆さまにも味わっていただきたいなぁ。。

と、試作しております。

 

お楽しみに♡

まきちゃんのご紹介はこちら。

https://ameblo.jp/kosumaki1018/entry-12543235912.html

note(現在更新中)

35歳からの妊活、健やかなマタニティライフを過ごすための、食、生活、性、愛の観点から妊娠しやすい身体作り、マタニティトータルケアセラピスト。40手前にして、3度目の妊娠。10年ぶりのマタニティライフだからこそわかる、マタニティ美容。時々、美味しい満腹マタニティライフも発信。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です